ココロ溢れる場所へ

gakujyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

もやもやバイバイ。

5月と11月はシーズンの変わり目。
いつもうまく気持ちの切り替えができない。

この11月も、夏山への未練たらたらで、
しかし今の季節ひとりで大きな山へ行く実力もない。
滑りのイメージもできてない。

もやもや。もやもや。。。もやもや。           なんかしたい!!

ということで、以前凸さんが提案していた『藻岩山夜景ツアー』へ行きたい!と懇願し、
明日も仕事なのにやってくる愉快な仲間たち6人が大集合。

木々の闇の向こうに広がる大都会のあかり。
前は夜景ってあんまり好きじゃなかったけど、
あのあかりひとつひとつにそれぞれの家族があるんだって思うと愛しく美しいものだ。

月明かりの中、森の中を歩けることがとっても幸せで、
もやもやは去っていきました。

それにしても、
本格三脚やツェルト訓練、お蕎麦屋さんなど等、本当に愉快な仲間たち。
みなさんありがとう。
[PR]
by gakujyo | 2010-11-28 14:50 |

2010 夏の記憶

05/     天狗山 山菜その1
05/28    天狗山 山菜その2
06/20    黒松内岳 重滝 やっぱり沢って楽しい。
06/11    アンヌプリ 朝日を見ようツアー
07/8・9   赤岳~白雲小屋~白雲岳~銀泉台 人生最大の恐怖『雷』体験
07/14・15 黒岳~白雲小屋~白雲岳~赤岳 愉快な仲間たちありがとう。
07/     塩谷丸山 暑いから夕焼け
08/18・19  愛山渓~沼の平~中岳温泉~白雲小屋~北鎮岳~比布岳~永山岳~愛山渓 ソロ挑戦。
08/25・26  羊蹄山 ひらふコース
09/04    ピンネシリ MTB
09/9・10  旭岳~白雲小屋~中岳温泉 hirokoさんの頑張りすごい。
09/11    黄金沢川
09/16    赤岳 紅葉ピーク。
09/22    赤岳~白雲小屋~緑岳 日帰り。小屋へご挨拶。初冠雪。
09/23    ニペソツ やはりかっこいい。。。
10/02    ウペペサンケ(糠平富士まで) 来年こそあの尾根を。
10/08    雄阿寒岳 なんだか道東の山とは相性が悪い??
10/09     摩周岳
10/15   両古美山 栗拾い
10/19   銭箱天狗
10/24    伏美岳 ココロ溢れる日高との出逢いの日
10/28    芽室岳 初の車泊旅
10/29    剣山  恨めしく十勝幌尻を望む
10/31    藻岩山 ヨボヨボのおばあちゃんになっても登っていたいな。
11/06    十勝幌尻 脛ラッセル1800m肩まで。 夏山に諦めがつく。
11/08    札幌岳(小屋まで)+八剣山 冬山へ、気持の切り替え完了。

シーズン後半に、とってもパワフルな夏山仲間と一緒に登る機会に恵まれ、
もっともっと、なんでもどこへでも行けるんだ!ということを教えてもらった。
登るほどに、行きたい山もどんどん増える。
早くも来シーズンが楽しみでたまらない。
[PR]
by gakujyo | 2010-11-14 22:14 |

やっと

チューンナップ出しました!
しかも、takedaさんが、お手入れの仕方をとっても親切に教えてくださいました!!

今年はWAXセットを購入したので、
もうkickに『板かわいそう。。。』とつぶやかれないように
ちゃんとかわいがってあげようと思います。

e0210380_214194.jpg

[PR]
by gakujyo | 2010-11-12 20:59 |

撤退続き

楽しい仲間と札幌岳へ。
登山口から道が白い。
札幌岳なら大丈夫と思い来てみたが、沢沿いの道も、笹の上に雪がついて滑りそうで、なかなかスリリング。
小屋までこんなに遠かったっけ?

e0210380_22385870.jpg


小屋で引き返すことにして、八剣山へ向かう。
先日の大雪で木が倒れ、登山口まで車が入れなくなっていた。
登山道も荒れ放題。苦労しながらもあっという間に山頂へ。
やはり頂上はいいものだ。
撤退続きだったので、登頂が嬉しい。

札幌の山と街を満喫できた一日でした。
[PR]
by gakujyo | 2010-11-09 22:39

日高敗退

なぜか十勝幌尻へ行きたくて仕方がない。
帯広方面にでっかい晴れマークがついていたのでいざ向かう。

白い山が見えている。迷いながら登山口へ。
青空はみえるものの、雲が多く風も強い。
沢沿いの道を抜けたあたりから雪が出てきて、急登は滑る。
笹地帯は雪がかぶって道が分かりにくい。テープをつけながら進む。
だんだんパウダーさらさら雪になってくる。すねくらいの急登ラッセルである。
どんどん雲は低くなり、登頂しても展望は無理だろう。
木々についた水分が凍り、ぶつかりあってカタカタ鳴っている。きれいな音色。

1700mの肩までは辿りついたが、強風・雪・視界悪い・斜面が凍ってきて、
ここからの尾根歩き、私の技量では限界。撤退。
e0210380_923516.jpg


ふもとも雨が降っていて、あの晴れマークはいったい??・・という感じだったが、
焦らず、来年みんなで来いということでしょう。

伏美岳に行ってから、日高方面へ行きたくて行きたくて仕方がなかったけど、
今シーズンの夏道、やっと諦めがつきました。
[PR]
by gakujyo | 2010-11-07 22:46 |

日高入門②

次の日、十勝幌尻へ行きたかったが、
芽室岳の雪が結構深く、芽室より標高の高い十勝幌尻を一人ラッセルするのは厳しいなと弱気になり、
悩んだ末剣山へ変更。

剣山の小屋に泊ろうと向かったが、霊山ということを忘れてた。。。一人で泊るには怖すぎる。
戻って芽室岳の小屋へ。
こじんまりしていてきれいな小屋。
木々の間に満天の星が輝き、大きな小屋の窓から赤い月が昇ってくるのを見た。
森の中で過ごすってなんて心地がいいのだろう。
e0210380_21531150.jpg


笑っちゃうような急登と偽ピークを越えて剣山へ。
あれ?芽室岳が一番白い??十勝幌尻白くない。。。
やっぱチャレンジすればよかったかな。

恨めしく十勝幌尻を望む。



e0210380_23285446.jpg

[PR]
by gakujyo | 2010-11-01 21:54 |