ココロ溢れる場所へ

gakujyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

チャレンジ。

春のニセコ強化合宿(?)1泊2日。

5/19 チセ。
e0210380_20141255.jpg

楽しいざらめを満喫した後、あてあて道場というspecialコース。
このあてあて道場、私にとってはとても難しいのです。
全く滑れず撃沈。


でもこの道場で思い出した。
snowboardは私にとって、いつもチャレンジ。
できないから面白いし夢中になれる。



ということで、シーズンそろそろ終了~と思ってたけど、
もう少ししつこく滑ります!



5/20 再びチセ。
少々藪を漕いで、昨日とは違う目的の斜面へ。
e0210380_20351441.jpg




雪だるまに夢中になる大人。
e0210380_21115765.jpg

登り返してきたらこんなのができあがってた。
大仏様 もう少しだけ、怪我なく滑れますように☆
e0210380_20274048.jpg



お腹がすいたら焼き肉!!
e0210380_2154176.jpg

いろんな遊び道具が飛び出します。
e0210380_20523438.jpg

最後はもちろんSPROUTで大集合。

全力で遊び倒した二日間。
刺激をくれたみなさん、遊んでくれたみなさん、SPROUTの二人、
みんなありがとう~。
[PR]
by gakujyo | 2012-05-20 21:53

やったやった!やったー!!

5/13 群別岳 つぼ足+ピッケル。


前日、歓送迎会。どうしても休めない飲み会。
一滴もお酒を飲まず、22時就寝。


5/13 2時小樽発。
ひとり後発で群別川の林道へ向かいます。

林道ゲートで前泊しているメンバーと合流し、5時出発。
1時間半の林道歩きを経て、出発から二時間半、やっとお山が見えました。
おじさまもはしゃぐかっこ良さ!!
e0210380_22271864.jpg


こんな滝も現れます。
e0210380_23485366.jpg


ざらめなのでアイゼンは不使用。
滑ったら止まらない急斜面ではピッケル使用。
頂上直下、少々藪を漕ぎながら
約6時間でピークへ!!
e0210380_23513198.jpg

数年前から何度かチャレンジしてたけど、なかなかピークに辿り着けなかった念願のお山。
とってもとっても嬉しかった!
e0210380_20134548.jpg



先日みんなで登った暑寒別もきれいに見えました。
e0210380_2021048.jpg



だいぶ制覇してきたこの山域。
あと残るはこちらの奥徳富岳!
e0210380_22402330.jpg



手前の浜益岳と雄冬岳。
雄冬ピーク直下の斜面。沢まで落としたら楽しそうなんだけどな~。
e0210380_22533332.jpg



帰ってきてご飯も食べず19時半就寝。
今度はもう少し白い時期に行きたいなあ。
[PR]
by gakujyo | 2012-05-15 21:04 |

白ってやはり素晴らしい。

5/11 神居尻山 夏道(A→Bコース)

完全に夏山。夏靴で全く問題なし。
風が強く、気温が低い。

カタクリとエンゴサクの競演がきれい。
e0210380_17313842.jpg

頂上直下、思いがけず霧氷に出会う。
いつぞやGary姫と共に登ったピンネシリがまあるく見えています。
e0210380_17454952.jpg



e0210380_1853342.jpg





山は思いがけないものをくれる。

木々に着いた氷が強風にあおられ、氷の花となって花吹雪になるのです。
先日登った暑寒別をバックに、こころ洗われるひととき。
e0210380_1995216.jpg

『白』 って無条件に美しい。
今すぐまた冬が来ればいいのに!!



暑寒方面、十勝連峰、大雪方面、石狩湾、恵庭岳や小樽まで、
ぐるりと見えるいいお山でした。
[PR]
by gakujyo | 2012-05-11 17:27 |

2つのピーク

4/29 暑寒別岳
昨シーズン雨で撤退したお山へリベンジです。


4/28 17:30頃、小屋へ到着。
ゲートが開いて初の土日ということで大賑わい。

小屋は満員御礼です。

どうする??
大混雑の小屋か? 外か?、会議が開かれるなか、
kickがごそごそとツェルトを広げ出す。。。

テントもないし、どんな大混雑でも小屋の方が絶対快適!と思っていたのだけど、
それを見た瞬間、『楽しそう~!!』

一気に気分は盛り上がり、ツェルトビバーク訓練決定です。
e0210380_20351197.jpg

写真はkickの1人用。
私のは2人用で、中でストレッチも可能でした。

夜、結構風が吹いて、飛ばされやしないか心配でしたが無事生還!!
結論としては、
結構快適、寒くない。細引きがあるとよい。
ただし、銀マット一枚は寒い。ザックを敷けばよかったね。


思いもよらず突然のキャンプとなりましたが、
星空のもとでご飯を食べて、
せせらぎの中で眠るのは、本当に楽しい。
みんなの順応性(?)にもとっても感心。
朝を迎えた瞬間、既にひとつのピークを踏んだような達成感でした☆
e0210380_20385371.jpg




4/29 さて、本当のピークへ。

本日は、つわものども4名(スキー、テレマーク、スプリット2名の機動隊)+GJ。
GJ常にひとり遅れます。。。
e0210380_20185429.jpg


風が強かったけど、頑張って板を背負ってって良かった。
大斜面を気持ちよく滑れました(転んだけど。)!
e0210380_2051031.jpg





ピークから見えた、
奥徳富、群別、浜益、雄冬。
e0210380_2055546.jpg

今度ひとつずつ行きましょう~って言ったら却下された。
なんでだ?!!




撮影風景。
e0210380_20305428.jpg



ただいま~!!
とっても安心した小屋が見えた瞬間です。
e0210380_20245587.jpg

[PR]
by gakujyo | 2012-05-01 21:26 |